<← 戻る>

NO.11

山本たかし "いのち"の政策実績

交通事故対策


交通遺児作文集「天国にいるおとうさま」

 交通遺児作文集「天国にいるおとうさま」は、山本の人生を決めた一冊。

  幼いとき、兄を交通事故で亡くした山本は、1970年(昭和45年)、立命館大学3年生のとき、全国学生交通遺児育英募金に参加し、梅田花月前に10日間立って募金を呼びかけた。そして、交通遺児作文集「天国にいるお父さま」(写真)と出会い感涙。夭折した兄の無念さや、両親の悲しみが一気に胸にあふれた。

 その後、ボランティアグループ「大阪交通遺児を励ます会」を結成。仲間たちと、交通遺児と母親の作文集「おとうちゃんをかえせを発刊した。

  大学 卒業後、交通遺児育英会に就職し、国会議員になってからも、交通事故問題に取り組んだ。


03年2月「生命のメッセージ展 in 国会」を開催。小さな靴に胸をつまらせる

 

04年8月5日 第2回ドライブレコーダー実演会 交通事故問題を考える国会議員の会

 国会内で「ドライブレコーダー」の実演会が開催され、山本は、「ドライブレコーダーは、交通事故の証拠保全に効果的で、裁判の迅速化、裁判費用の軽減、警察の初動捜査の迅速化に役立つ。全車への搭載が望ましい」とあいさつ。

交通事故問題を考える国会議員の会


06年


05年


05年11月25日 飲酒運転防止対策のシンポ


03年10月 交通事故調書の早期開示を求める被害者連絡会関西集会

 

 

次へ トップページへ