<← 戻る>
NO4
山本たかし "いのち"の政策実績
年金改革
 
安定した基礎年金の確保を!
04年3月  民主党参院幹事長として「NHK日曜討論」に出演
 「3回目の小泉予算だが、相変わらず必要のないダムや道路をつくり、官僚の天下りによる税金の無駄遣いもなくならない。これでは、2010年初頭と政府が約束している財政再建は無理。年金などの社会保障制度も破綻寸前なのに有効な対策が打ち出されていない。」と小泉予算を批判。

  政府の道路公団民営化法案は、民営化と言いつつ、政府の関与が極めて色濃いものとなっており、また、年金改革案は、基礎年金の15%カットと保険料の大幅アップで国民にダブルパンチを浴びせているようなもの。厚生年金の保険料は35%もアップし、企業経営や雇用、消費、財政再建への影響を軽くみていると指摘。
 
05年7月  年金両院合同会議
 年金合同会議で、「国民年金の位置づけ」のテーマ。。小さな合意を積み重ねていくのが良い手法だと私は思うが、政局志向派は、そのようには考えないようだ。
05年4月 年金制度をはじめとする社会保障制度改革に関する合同会議
与野党の隔たり鮮明に 年金めぐる合同会議

 社会保障制度改革に関する衆参両院の合同会議(与謝野馨会長)が14日開かれ、年金制度をはじめとする社会保障制度の一体的な見直しに関する国会での協議が始まった。(左から5人目が山本、次が岡田代表、朝日俊弘、横路孝弘、古川元久の民主党議員)

06年12月予算委員会

04年6月厚労委員会

04年5月厚生労働委員会

04年4月 テレビで年金制度を説明

左: テレビ朝日の衛星放送・朝日ニュースター「各党に聞く」

右:TBS CS放送ニュースバード「〜国会トーク〜フロントライン」
04年 各地で年金問題の講師


左:公労協・社会保障学習会

右: 民主党東京都連の勉強会
 
 

04年4月 グリーンピア視察

 高知県須崎市の土佐横浪グリーンピアは民間の力で、黒字体質に転換されたのに閉鎖が決まる。

  地域の町おこしの中核的存在だったグリーンピアがなぜ、閉鎖されねばならないのか。今後、須崎市は、閉鎖後のグリーンピアをどうするのか。


02年1月

スウェーデンの年金改革の立役者、ショーベリー議員を招いての勉強会