<← 戻る>
NO6
山本たかし "いのち"の政策実績
臓器移植
 
山本の関わった臓器移植法については著書「議員立法」 〜日本政治活性化への道〜 に詳しく書かれています。
「議員立法の試みは、これまで官僚に牛耳られてきた立法行為を、本来の立法者である国会議員の手に取り戻そうとする試みであり、それ自体、政治改革の実践である」(五十嵐暁郎・立教大学教授。推薦の言葉より)。山本がかかわった臓器移植法、中国残留邦人帰国促進法を素材に、議員立法の問題点を解明するとともに、日本政治活性化への道として議員立法の必要性を説く(第一書林刊)。
国会での質問
質問年月日 委員会
内 容
97.04.18 厚生 臓器移植法案質疑(脳死判定後の医療費、脳死判定拒否権、国の責務)
97.04.15 厚生 臓器移植法案質疑(家族の忖度、法律の必要性)
97.04.08 厚生 臓器移植法案参考人質疑
97.04.01 厚生 臓器移植法案質疑(遺族の承認、生前意志の確認、運用指針)
97.03.19 厚生 臓器移植法案質疑(医療不信、臓器提供指針、組織移植等)
96.06.20 厚生 臓器移植法案地方公聴会(福岡)
95.11.01 厚生 臓器移植法案地方公聴会(名古屋)
94.12. 01 本会議 臓器移植法質疑(脳死臨調、救急医療等)
質問主意書
98.12.14 九大病院での脳死判定後の自発呼吸反応について()    
99.08.13 臓器移植の情報公開について()    
98.06.18

死体腎移値の術前措置について()

   
97.12.12 日本臓器移植ネットワークヘの行政の関与について()    
97.10.17 臓器移植法の施行について()    
97.06.18 臓器移植法について()    
97.03.07 国公立医療機関による無断欠陥摘出・冷凍保存事件について()    

94年3月 シンポジューム

「いま、生命を考える」(大阪府・八尾市) 
94年

 海外視察(ドイツ)

次へ トップページ