考動人・山本です  
2002年7月の考動人

    

 

2002年7月29日 山本、街頭に立つ

 1年前の7月29日は参議院選挙の投票日。山本は、この日、城東区の民主党新人・田中ゆたか氏と城東区選出の西浦宏府会議員とともに、午前7時半から約1時間、JR鴫野駅で通勤通学の有権者に民主党の政策を訴え、政権奪取の抱負を語りました。
 田中氏と西浦氏は、まちの活性化を図り、それぞれ区政、府政の発展をめざすと決意を語り、民主党への支援を訴えました。

 

2002年7月27日 民主党大阪府連第4回定期大会

 民主党大阪府連第4回定期大会が、鳩山党首、太田府知事、磯村大阪市長、前田連合大阪会長らを迎え大阪市内のホテルで開かれた。鳩山党首(写真)は、「前回の衆議院選挙では惜敗した人が多い。次の選挙で全員当選すれば、政権奪取できる」と小泉政権に代る民主党政権実現に意欲を見せました。
 10月の大阪10区衆議院補選の江村候補の必勝と来年4月の統一地方自治体選挙での大勝を誓い合いました。

 

2002年7月22日 エコデザインセミナー「緑の雇用」 (NPO法人エコデザインネットワーク) 
 アジア太平洋トレードセンター(ATC)で、木村和歌山県知事が「緑の雇用」と題して講演。和歌山県では、政府の「緊急地域雇用創出特別基金」を利用して、リストラで失職した人たちを森林作業員として雇用し、荒れた森林を再生させる「緑の雇用」を始めた。この1年で125人を雇用。「原則6ヶ月だが、長期雇用に結び付けたい」と知事は抱負を語りました。 (スタッフ代理参加)

 

2002年7月21日 第35回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会 第37回近畿肢体不自由児者福祉大会
 大阪国際会議場メインホールで開かれた大会には、全国各地から、また、「アジア・太平洋障害者の10年」の10年目を記念して韓国と中国からも代表が参加。三矢梅三郎大会会長は、福祉サービスを選択する時代に入ったため、本大会をその勉強の場とし、今後の地域福祉の更なる向上と、真のノーマライゼーションをめざそうと挨拶をしました。

 

前号へ 次号へ トップへ カバーページへ