考動人・山本です
2004年5月の考・動・人

 

 2004年5月30日 連合南河内地区協議会研修会で講師
 連合南河内協議会の研修会が三重県鳥羽で開催され、年金をテーマに、国会情勢を含めて1時間余り講演しました。総理大臣の国民を愚弄するかのような答弁、未納閣僚、副大臣の続出、さらには年金積立金の流用問題に対して、一生懸命働いて年金保険料を納めている立場の出席者からは、憤りと不満が爆発。安心できる年金制度の構築に向けて、民主党はしっかりと国会審議を深めて欲しいと、叱咤激励されました。

 

2004年5月22日 年金マニフェストミーティング 松江

枝野前政調会長(左)と山本
 民主党島根県連主催の「マニフェストミーティング」に招かれ、枝野前政調会長と出席しました。枝野氏が国会情勢を報告した後、山本が政府案の問題点を指摘。その後、質疑応答となりました。年金問題への関心は高く、200名近い参加者からは、「どうすれば年金制度は安定するのか」「積立金の流用問題は我慢ならない」「年金額が少ない女性の老後を、どのように支えるか」など、質問が続きました。こうした集会を、今後も各地で続けていく事が大切だと感じました。



2004年5月18日 2004 民主党大躍進パーティー
写真上:参議院予定候補者たちの熱き期待を背に力強く挨拶する岡田新代表 写真左:大阪選挙区予定候補者のおだち源幸(もとゆき)氏
  民主党は18日の夕方、岡田克也新代表のもと、「2004 民主党大躍進パーティー」を開催しました。岡田新代表は、集まった2千人を超える支持者らに「自民党政治は詭弁の政治、パフォーマンスの政治。民主党は違う。国民の声に耳を傾ける、誠実で、嘘のない政治が民主党の政治だ」と述べ、「政府の年金法案を廃案に追い込み、参院選では全員当選できるよう力を貸してほしい」と呼びかけました。「政権を代えて、この国を救うためにわれわれはここにあるということを、もう一度思い起こそう」と参議院選挙での勝利を力強く訴えました。

 

2004年5月15日 尾立源幸(おだちもとゆき)参議院予定候補事務所開き

 尾立源幸(おだちもとゆき)参議院大阪選挙区予定候補の事務所開きが行なわれ、大勢の支援者が駆けつけました。

 おだち予定候補は、「3年前に大阪選挙区から当選を果たした山本議員に続いて2議席目を獲得し、日本のために、商都大阪の復活のために頑張りたい」と力強く決意を述べました。

(写真:決意表明をする尾立氏と司会を務める山本) 尾立氏のホームページはこちら


2004年5月1日 第75回大阪地方メーデー (大阪城公園・太陽の広場)

 
5月1日、連合大阪主催のメーデーが大坂城公園で開かれました。中央メーデーは4月29日でしたが、大阪はメーデーらしく5月に開催されています。伊東文生会長が「与野党逆転のうねりを大阪から全国へ」と、約8万人の参加者にあいさつ。「労働を中心とする福祉型社会をつくろう」などとするメーデー宣言を採択しました。


会場入り口で演説する尾立源幸参議院予定候補者(左)と山本

前号へ 次号へ トップへ カバーページへ