考動人・山本です
2005年11月の考・動・人

 

2005年11月25日 飲酒運転防止対策のシンポ (日本損害保険協会主催)
 日本損害保険協会が飲酒運転防止対策のシンポを開催すると聞いて、飛び入りで参加しました。写真は講師の今成知美さん(NPO法人ASK=アルコール薬物問題全国市民協会=代表)。(詳細はメールマガジン11月27日号にて)

 

2005年11月22日 民主党の決算行政監視調査会特別会計作業チーム視察 
 民主党の決算行政監視調査会特別会計作業チームは、「無駄遣いの温床」との批判が強い特別会計の実態を探るため、東京・墨田区にある独立行政法人雇用・能力開発機構の生涯職業能力開発センター(アビリティガーデン)および同機構所有の江東区にある雇用促進住宅「サンコープラス潮見」を視察した。(詳細は民主党本部のホームページにて)

 

2005年11月19日 松下労組の健保支部で講演
 松下労組の健保支部で、社会保障、特に医療制度改革を中心に講演。小泉政権が効率一辺倒で「小さな政府」を目指すのに対して、民主党は「いつでも、どこでも、誰もが、最高水準の医療を受けられる制度」を目指していると話しました。


2005年11月16、17日 参議院財政金融委員会で沖縄を視察しました
詳細は、2005年11月20日のメールマガジンをご覧ください。

 

2005年11月12日 大阪ボランティア協会創立40周年
 大阪ボランティア協会(通称ボラ協)が創立40周年を迎えました。ボラ協は、私の人生の進路を決めた場所です。

 立命館大学3年生の昭和45年、大阪万博の年に、私は同協会主催の第12期ボランティアスクールを受講しました。そこで、岡本栄一事務局長(当時)の紹介で、協会を頼って来阪していた秋田大学生と出会い、彼らの提唱する「交通遺児育英募金」に参加。

  そのことがきっかけとなって、「大阪交通遺児を励ます会」を結成。大学卒業後は交通遺児育英会に就職し、そして国会議員へと歩むことになったのです。

 (写真は、 岡本栄一・大阪ボランティア協会理事長と)

 

2005年11月5日 立命館大学全国校友大会に出席


 立命館大学の全国校友大会が京都で開催されました。

  民主党からは私と泉健太代議士(京都)、自民党からは萩山教厳代議士(富山)、国井正幸(栃木)と岡田広参議院議員(茨城)、そして共産党の穀田恵二代議士(京都)の秘書が出席。

  私が学んだ産業社会学部の卒業生でもある伍芳(ウー・ファン)さんが中国古箏を演奏し、会場を盛り上げてくれました。

  先輩も後輩も各界で大活躍。きらきら光っています!

前号へ 次号へ トップへ カバーページへ