山本たかしのプロフィール

誕生から大学卒業まで

交通遺児育英会時代

衆議院議員時代

参議院議員時代

主な役職

趣味

← ページトップへ

 

1949年(昭和24年)

 

7月7日

七夕の日、兵庫県芦屋市打出翠ヶ丘町89番地で出生。芦屋には、大阪市内の戦禍を逃れるために疎開していた。(写真:父愛用のカメラで4歳の誕生日に)


4歳の誕生日


兄と一緒に

11月

空襲で大阪市内中心部は焼け野原となったが、父、隆一(たかいち)の経営する「エビスはぶらし」(大阪市東区南久宝寺町)の店舗再建、そして近隣の大阪市南区順慶町1丁目(じゅんけまち=現大阪市中央区南船場)に自宅が完成し、芦屋から転居。敗戦から4年。ようやく疎開生活が終わった。

 

1955年(昭和30年)

2月2日

兄、亘彦(のぶひこ。当時8歳、大阪市立集英小学校2年生)を、自宅前でトラックに轢かれ亡くす。

戦後、順慶町周辺は住宅街から様変わりし、自宅は両隣を運送業者に挟まれる格好になっていた。父は不運を嘆き、危険と隣り合わせの場所に自宅を構えていた優柔不断さを責めた。母の英子(えいこ)が亡骸となった兄の脚をさすっていたこと、毎晩、御詠歌をあげていた姿は今も鮮明に覚えている。(写真:兄に負けじと張り合う私)

   

1956年(昭和31年)

 

3月

桃園幼稚園(大阪市中央区)卒園。夏に罹った百日咳で、学芸会での「小さな靴屋さん」のナレーター役ができず残念。せっかく父親が購入したテープレコーダーで練習したのに。在籍日数も足らず、卒園式では後ろに座っていた。

 

4月

大阪市立集英小学校(児童数減少のため統合され、現在は開平小学校)に入学。杉田貞三校長先生、担任の水本多加嗣先生には、選挙区にお住まいだったこともあって、国会議員になった後もお世話になった。

 
   

1962年(昭和37年)

4月

大阪市立船場中学校(生徒数減少のため廃校)に入学。社会科クラブでは市内研究発表会で1年生ながらに発表者に抜擢される(先輩に押し付けられたが正確かも)(写真:一生懸命に発表する私)。園芸部にも所属。今も趣味で続いている。

足で歩いて地域を調査

 

1963年(昭和38年)

11月23日

父の仕事の関係で、はぶらしの全国的な産地である府下八尾市刑部に転居。初の国際衛星放送の日だった。ケネディ暗殺のニュースが流れていた。

   

1965年(昭和40年)

 

4月

大阪府立清水谷高校(大阪市天王寺区)に入学。前年、父の友人の紹介で行った大阪YMCA六甲キャンプ場や御在所岳への登山が楽しく、ワンダーフォーゲル部に所属。合宿は良い思い出。(写真:隠岐での夏期合宿で。前列左端が私)


ワンゲルの仲間と

 

1968年(昭和43年)

4月

立命館大学産業社会学部入学

7月

中学生の時に味わったキャンプの楽しさを後輩にもとの想いから、京都YMCAの琵琶湖サバエキャンプ場でのキャンプカウンセラーに応募。夏休み中、日焼けしながら、お兄さん役を担う。

   

1970年(昭和45年)

3月

大阪万博開催。身体障害者の介助ボランティアに応募。これがきっかけとなって、大阪ボランティア協会(当時は大阪市南区心斎橋)のボランティアスクールを受講。

8月

この大阪ボランティア協会で、全国学生交通遺児育英募金を呼びかけていた秋田大学生の生路さんと運命の出会い。交通遺児作文集「天国にいるお父さま」(写真)に感涙。夭折した兄の無念さや、両親の悲しみが一気に胸にあふれた。

募金活動の手伝いを頼まれ、10月の交通安全旬間の10日間、梅田花月前で街頭募金に立った。

10月に、なぜか募金の贈呈式に参加して欲しいとの連絡があり、上京。永野重雄交通遺児育英会会長(日本商工会議所会頭)への贈呈式に列席。玉井義臣氏と運命の出会いをした。

12月

募金参加者に呼びかけて、ボランティアグループ「大阪交通遺児を励ます会」を結成。

飯野俊男君という得がたい仲間を得て、交通遺児と母親の作文集「おとうちゃんをかえせ」(写真)の発刊、レクリエーション、交通遺児家庭の生活実態調査、政治への要望の会などの活動を展開。市民活動の芽生えでもあった。

   

1971年(昭和46年)

 

4月

大学4年生なのに就職活動もせず、交通遺児救済運動の全国展開をめざして、同運動の指導者の玉井義臣氏(当時、交通遺児育英会専務理事)と一緒に活動。

全国に交通遺児を励ます会の結成を呼びかけ、励ます会全国協議会の事務局長に就任。

12月には、第1回の交通遺児と母親の全国大会を開催した(写真:大会参加者と銀座をデモ行進。左端が私)。


銀座をデモ行進

   

← ページトップへ

 

1972年(昭和47年)

 

3月

立命館大学産業社会学部を卒業。ゼミ担当の野久尾徳美教授から「実践活動も大事」との“お墨付き”をいただいて、在学中は励ます会の活動に没頭していた。

 

4月

財団法人交通遺児育英会に就職(実は4月1日の入局式前から呼び出され、育英会の機関紙創刊号の編集を徹夜でしていた)。

家業を継いで欲しいと願っていた母親も、「やりたいことがあるならそれが一番」と考える父親の姿勢に従い、東京に送り出してくれた。後日、両親そろって上京し、職場を訪ねてくれて、「息子をよろしく」とお願いしてくれたのは嬉しかった。

 
   

1973年(昭和48年)

 

5月

物質至上主義や大量消費時代に警鐘を鳴らす社会運動を展開。玉井義臣氏が提唱した「ユックリズム」は流行語にもなった。

「ゆっくり歩こう運動」や、6月からは夏休みを利用して遺児らが「一台の自転車“赤とんぼ号”を乗り継いでの日本一周」(原案は私の発案)などを次々と企画し、実施した。世直し運動でもあった。(写真:道中での1枚。右から2人目が私)


赤とんぼ号で日本一周

 

<日経新聞「交遊抄」> 2004年1月13日掲載   

 毎年春秋、遺児の進学支援を呼びかける「あしなが募金」。1970年、その第1回募金に立命館大生だった私も参加した。募金の贈呈式があるからと東京に呼び出され、運動の先頭に立つ玉井義臣氏(あしなが育英会会長)と出会った。
 玉井氏は、母親を交通事故で亡くし、私怨を公憤に高め、交通評論家として活躍していた。私も兄を交通事故で亡くしていたことから、意気投合し、学業そっちのけで交通遺児を励ます会の活動に没頭した。「玉井のおっちゃん」と飲み明かすこともしばしばだった。
 学生時代から活動ぶりがわかっているのだから、効率的な人材確保策でもあった、と気付いたのは後日のこと。その後の20年間、玉井氏は私の職場の上司となった。愛唱歌が「月月火水木金金」だった私たちの運動に、副田義也筑波大学名誉教授が社会学的考察を加え「あしなが運動と玉井義臣」として出版された。芥川賞候補者となったこともある副田教授の筆で運動が活写され、面はゆいばかりだ。
 玉井氏には、ミシガン州立大学への留学を勧められ、学者の道も示していただいた。政治家の道へと推してくださったのも玉井氏である。「なんでやねん」と憤り、活動に没頭した青春時代の志を忘れずに活動することが、私の「あしながさん」である玉井氏への恩返しでもある。(やまもと・たかし=民主党参院幹事長)

   

1975年(昭和50年)

 

5月1日

母、英子(えいこ)死去(享年61歳)。乳がんの再発だった。父は最期まで献身的に看病した。1977年(昭和52年)6月、父は井上悦子と婚姻。新しい人生をスタートさせた。

 
   

1978年(昭和53年)

 

12月30日

育英会から休職を許していただき、玉井先生の導きで留学した米国ミシガン州立大学に到着。大雪に覆われたキャンパスは、クリスマス休暇でさらに静まり返っていた。

英語研修を経て、人間科学部で家族社会学を専攻。高齢者福祉や、フィランソロピィ(社会貢献活動)、「生と死」への知見を深めた。 (写真:指導教官たちと)

マジック・ジョンソンを擁して全米バスケット王者に。春と夏が一緒に来て、すばらしい紅葉の秋が続く、豊かな自然。ひと夏、YMCAのキャンプ場で過ごしたのも楽しい思い出。


MSUの教官たちと


MSUの修了証書

 

1981年(昭和56年)

6月

米国ミシガン州立大学大学院修士課程を修了。(写真:修了証書)。

帰国後、交通遺児育英会に復職。

返還課長、総務課長として事務の電算化を推進。連日の残業からようやく解放された。

   

1982年(昭和57年)

 

3月14日

ゆきと結婚。浪速男と秋田美人のなれそめは一通の手紙だった。

病弱というわけではないが、様々な病気に見舞われ「病気と結婚したようなもの」と思っているかもしれない。国会議員への転出も予想だにしなかったことだろう。

明治神宮の境内で外人が花嫁を見て、「How beautiful ・・・!」と言っているのが聞こえた。

写真:明治神宮にて)


 

 

  

 

 

1990年(平成2年)

 

4月

交通遺児育英会事務局長に就任。「あしながさん」の温かい心に支えられ、奨学金貸与の対象を交通遺児だけに限らず、災害や病気、自殺等での遺児にも拡げたいと願う事務局側と、反対姿勢の監督官庁との間での長い戦いの渦中にあった。

 
   

1993年(平成5年)

 

6月

衆議院選挙立候補のため退職。実は、前年秋から玉井先生を通じて細川護熙氏の日本新党から立候補しないかとお話があった。「政治が動く、その日まで」を合言葉に交通遺児救済運動を展開したが、政治は動かない。では、自らが動かそうと思ったのだが、なかなか決意できず、同僚の藤村修代議士の選挙事務所を手伝っていた。告示直前となって立候補を決断。

何でも勝手に決めてくる息子のやり方に、父は無関心を装っていたが、知人・友人に積極的に応援を依頼してくれた。

 
 

← ページトップへ

1993年(平成5年)

 

7月

旧大阪4区(中河内、南河内地域)から衆議院選挙に立候補(日本新党)。

ボランティア選挙、お金のかからない選挙を展開し初当選。 新党ブームの風のすごさを実感した。 (写真:ボランティア選挙と、当選を喜ぶ仲間たち)


ボランティア選挙での初陣


勝利の瞬間

 
 

1996年(平成8年)

1月18日

父、隆一(たかいち)死去(享年86歳)。

   

10月

選挙制度の改正に伴い、近畿比例区より立候補し再選される(新進党)

 

衆議院議員時代は、厚生委員会に所属。1年生議員ながら、委員会運営を協議する理事に就任した。(写真:理事会で。右側手前から3人目が私)

 

年金制度や医療制度の改革、介護保険の創設など、社会保障制度を巡る諸問題に取り組み、国会での質問回数は、衆院でもトップクラスとなった。
薬害エイズの真相解明に全力で取り組み、「隠されたファイル」の存在や、加熱製剤販売後も非加熱製剤を売り続けていた事実を明らかにした。
臓器移植法では、対案を提出し国会内での議論をリード。
交通事故をなくす国会議員の会事務局長も務めた。


資料の山 (薬害エイズ)


パネルで説明 (年金)


出前説明会 (介護保険)


現地へ (阪神淡路大震災)

   

2000年(平成12年)

 

6月

衆議院大阪第14区で惜敗(民主党)。民主党大阪府連の参議院議員候補者の公募に応募。参議院大阪選挙区の候補者として戦うこととなった。

 
 

← ページトップへ

2001年(平成13年)

 

7月

参議院大阪選挙区から立候補し初当選。直前5月に発足した小泉総理が圧倒的な支持を集めるなか、力いっぱいの選挙戦を展開。3位ながら、民主党として参議院大阪選挙区の初議席を確保した。

国会では参議院厚生労働委員会に所属。医療制度や年金制度の改革に再び取り組むことになった。


参議院にチャレンジ

 

2003年(平成14年)

11月

民主党新緑風会幹事長に就任。役員選考委員が役員に指名されるという予想外の展開。藁科会長、今泉国対委員長に支えられて、慣れない党務に取り組んだ。

国会では年金改革議論をリード。小泉総理に「マクロ経済スライドをご存知か?」と聞けば、「経済の専門家に聞いてくれ」と答弁され、驚いて椅子にひっくりかえった。年金未納問題もあって、04年参院選で民主党は躍進。幹事長として一番重要な仕事を果たせてホッとした。

国会審議の現場に戻して欲しいとお願いして、民主党新緑風会幹事長を辞任。再び、政策で頑張ることになった(写真:与野党の年金改革合同会議で)


与野党年金改革合同会議

   

2005年(平成17年)

 

10月

参議院財政金融委員長に就任。一度、委員長も経験してみたいと考えたのが間違いだったのか、厚生労働の諸問題に加えて、仕事が予想以上に増えてしまった。 (写真:財金委員長初仕事の1枚)


財金委員長初仕事

12月22日

自宅近くの胃腸科病院での検査受診をきっかけに、胸腺がんが見つかる。

   

2006年(平成18年)

 

1月

国会運営に支障をきたしてはいけないので、参院財政金融委員長を辞任。

治療を続けながら、参議院での健康保険法等改正案の審議に備え勉強。民主党は「がん対策基本法」を提出する方針を定め、4月4日に法案を衆議院に提出。

ずっと準備してきた「自殺対策基本法」の参院提出と法案成立めざし、各党への働き掛けも急がなければならない。国会閉会日や自分の体調など、さまざまな意味で「時間との競争」だと感じていた。


「がん患者」 公表。がん対策基本法成立を訴える。

5月22日

参院本会議での健康保険法等改正案の代表質問を行なう。がん患者であることを公表し、がん対策基本法の制定を訴えた。三浦捷一医師や新田義昭さん、佐藤均さんら、自らがんと戦いながらがん医療の向上に取り組んでこられた先輩患者から「戦いのバドン」が渡されたような気がした。がん患者となったのも天が与えた「使命」なのだろう。(写真右:参院本会議で「がん患者」公表)

国会の実質的な閉会日となった6月16日、がん対策基本法が参院本会議で可決され成立。自殺対策基本法も、6月15日、衆院本会議で可決成立した。(写真下:参院厚労委での採決を見守る)


採決を見守る


参院厚労委での採決

 
11月1日 国会がん患者と家族の会設立 事務局長に
11月25日 「最善の抗がん剤治療を受けたい!」と題し講演
 
2007年(平成19年)
7月 参議院選挙 民主党比例区で当選
8月 入院 日本のがん医療への提言「救える「いのち」のために」を病院で執筆
12月20日 日本のがん医療への提言「救える「いのち」のために」完成。翌年1月発行
12月22日 胸腺がんのため都内の病院で死去。享年58歳
   

 

 

第1話 「一日一生、一日一善、一日一仕事」 (2006年6月25日記)

昨年暮れのことだ。若い時に患った病気の検査と思って受けた血液検査で、がんが見つかった。それから半年が過ぎた。

 抗がん剤治療を続けている。脱毛や手足のしびれは命にかかわらないが、難問は血液状態が悪くなることだ。白血球の減少は感染症への抵抗力を弱め、血小板減少は脳内出血などの致命傷を招く。といって抗がん剤を投与しないと、がんが大きくなっていく。治療薬の選択、投与量、投与方法に微妙な「さじ加減」が求められるが、母親の時に比べれば、がん治療は進歩したと思う。

 朝、目覚める時、「また、一日分の命を与えてもらった」と思うようになった。人間誰しも、時間は限られているのに、普段、意識することはない。葬儀に出たり、蓮如の「白骨の御文」を聞いたりしても、死は他人事でしかない。いま、がん患者となって、有限の時間を生きていることを実感する。一日一生。その言葉が心に響く。

 どんな小さなことでもいいから、ひとつでいいから、良かったと思えることをしたい。今日は、こんなことをしたと言える一日を送りたいと、心に言い聞かせている。そんな気持ちを込めて、毎月一度、このコーナーをお借りして、奨学生に言葉を贈りたい。(2006年6月25日記)

 

← ページトップへ

◆ 国会での所属委員会・役職

参議院財政金融委員会、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会、憲法調査会
厚生労働委員会、予算委員、決算委員会、行政監視委員会、災害対策特別委員会、少子高齢社会調査会、年金制度をはじめとする社会保障制度改革に関する両院合同会議メンバー、参議院財政金融委員長

◆ 民主党での政策調査会での役職

「被爆者問題」事務局長、ホームレス自立支援PT座長、中国残留邦人の自立実現をめざす民主党懇談会事務局長、民主党次の内閣厚生労働大臣、民主党年金改革プロジェクトチーム座長、難病対策作業部会副主査、自殺総合対策WT座長

◆ 審議会委員

社会保障制度審議会委員(衆院)、国土交通審議会委員(参院)


← ページトップへ
  趣味: 落語や文楽、歌舞伎の鑑賞。ガーデニング、テニス
  座右の銘: 「我一粒の麦とならん」
  好きな作家: 安部公房
  好きな詩人: 金子みすず
  好きな歌手: 三橋美智也、ちあきなおみ

「動物キャラナビ」によりますと、私は、「頼られると嬉しいひつじ」。当たっています。)


妻・ゆきと (2005年9月)


趣味は園芸