JULY                                7月
今 月 の ベ ラ ン ダ か ら
                     狸 の い る 庭 (秋田県)




 秋田県に住む85歳の義父は、大の庭好き。毎日、庭の手入れに余念がありません。3年前、一緒に金毘羅さんを旅行したとき狸(写真上)を購入。その後、「一匹ではかわいそう。仲間がほしい」と言うので、去年、つれ合いと信楽の狸村に行って、仲間(写真下)を買い求め、義父にプレゼントしました。 信楽の狸は、いまや秋田の人気者です。

 今月は、ベランダから遠く秋田県に飛んで、6月中旬につれ合いが撮影した義父の狸のいる庭を紹介します。

 (マウスをあてると狸の居場所がわかります。)


  

 松の木の見張り番


 岩の陰に


 つつじ、しゃくなげが終わり、白とピンクが交じり合ったいわし花が盛りを迎えていました。ユキノシタは北国ならではの繊細な花です。*読者の方から左の写真は、「ハコネウツギ」とのご指摘を受けました。義父が思い込んでいる「いわし花」とはちがうのでしょうか?


いわし花

ユキノシタ
 

 

 まだ青くて固い房すぐり(写真左)が庭の片隅に。紫ラン(写真右)は、朝の陽の光がよく似合います。岩陰に見つけた一輪の黄色の花(写真中央)の名前は???

 

 母屋の西側には、樹齢300年とも400年ともいわれるケヤキの木がそびえています。お天気のよい日は、左手に鳥海山が見えます。
   

 

トップページへ カバーページへ 前の号へ 次の号へ