今月のベランダから                     2004年10月
 
 
 
夜空に咲く花 大曲の全国花火大会 


昼花火


ワンちゃんも花火見物
 明治43年にはじまった秋田県大曲市の花火は、今年で78回目。8月28日に全国各地から集まった花火師が、昼花火、十号割物2発、創造花火の三つの部門で競いました。

  雄物川を挟んで西側に花火師、東側の河川敷に70万人の見物客。夜花火は「ナイアガラの滝」で始まり光の大輪が次から次へと打ち上げられました。

  「大曲の花火」は、質の高さで日本一とされ、今年は、全国から選抜された28社が出場。「輝彩繚乱」と名付けられた大会提供花火には見物客のどよめきとため息が。

  約1700発の打ち上げが終わると、花火師たちが向こう岸からトーチを振り、見物客もペンライトや懐中電灯を振って「感動」を共有しました。

 花火をアマチュアが撮るのは難しいのですが、一緒に行った友人の高田敏信さんから提供いただいた写真で、みちのくの花火を紹介します。

ナイアガラの滝
夜には70万人の見物客

 

地上の花火 〜曼珠沙華〜


北大江公園(大阪市中央区)にて (9月23日撮影)


トップページへ カバーページへ 前の号へ 次の号へ