2007年3月

江戸彼岸桜


 梅ひらき 桃ほころびて 桜まつ

 誰が詠んだ句かわかりませんが、そんな季節になりましたね。赤坂の豊川稲荷の江戸彼岸桜が満開で、道行く人々の眼を楽しませています。今年は暖冬でソメイヨシノの開花も例年より早くなりそうですね。

  赤坂の豊川稲荷は、愛知県の豊川閣の別院で、江戸時代の名奉行大岡越前守忠相公が、稲穂を荷い白狐に跨った豊川ダ枳尼真天(トヨカワダキニシンテン)を生涯の守護神として祀られたのだそうです。写真はつれあいが3月12日に撮影したものです。

 

関西花だより(大森史子さん撮影)
京都・城南宮の庭
 京都・城南宮の枝垂れ梅とつばきと平安の庭です。城南宮には、僕も20代の頃、父母と行ったことがあり懐かしいです。
  平安遷都のおり、伊勢、石清水神社など七社が合祀され、都の南を擁護する神として祀られたそうです。庭が見事です。

 

北国から(秋田県湯沢市)
 3月の初めに久しぶりに、秋田のつれあいの実家に行ってきました。
  今年は雪がなく、庭木の雪囲いも必要なかったみたいでした。
  89歳の義父がひとりで手入れしている庭で写真を撮りました。

トップページへ カバーページへ 前の号へ 次の号へ