「命の花」     

  作詞・作曲・歌 DAN (前川弾)

 

1.

人は皆花だったんだ だから僕達は命の種を持つ

失った数の命の花を僕達で咲かせよう

繰り返す地鳴りに怯えながら家族を想い眠れない

なぜか夜空には 星が限りなく輝いていた

ガレキも山も線路も崖も 怯えることも忘れ

信じる力だけが足を踏み出す

必ず生きていると 必ず会えると

どこにいるの どこにいるの 届けたいこの想い

会いたい オー たとえどんな姿だったとしても

 

大きな波にのまれ 失った無数の命

与えられた命の一つ一つにみな感謝した

大きな波にのまれ 失った無数の思い出

与えられた悲しみも絶望も一度知れば 希望に変えられる

 

2.

人は皆花だったんだ だから僕達は命の種を持つ

失った数の夢のつづきを僕達で叶えよう

 

月日が流れ 現実に戻ることさえ怖いけど

同じ涙を背負った仲間がこんなにもいるよ

一人では生きられないことの本当の意味を知った

信じあう絆だけが生きる道を照らす

 

必ず立ち上がるよ 笑って生きていくよ

ありがとう ありがとう届けたいこの想い

ララララ ラーララー僕達の声をこの歌に乗せてー

 

大きな波にのまれ 届けられた無数の心

与えられた気持ち一つ一つにみな感謝した

大きな波にのまれ 届けられた無数の思い

与えられた優しさも励ましも全て希望に変わる

大きな波にのまれ 失った無数の命

与えられた命の一つ一つにみな感謝した

大きな波にのまれ 失った無数の思い出

与えられた悲しみも絶望も一度知れば 希望に変えられる

 

人は皆花だったんだ だから僕達は命の種を持つ

失った数の命の花を僕達で咲かせよう