山本たかしのいのちのバトン
 
活動の記録
 

2年のがん闘病のあと、2007年12月22日、山本孝史がこの世を去りました。山本の「いのちへの思い」を引き継いで活動をするため、翌2008年に、「山本たかしのいのちのバトン」を発足させました。多くの方々からご支援をいただきながら、がん対策、自殺対策、遺児支援、被災地支援と活動をしてまいりました。これからもそれぞれの分野で皆様のご協力をいただきながら、活動を続けてまいりたいと思います。ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 (代表 山本ゆき)

  2014年
2013年 2012年
2011年 2010年
2009年 2008年