山本孝史の記録
第一章 いのちの政治家(国会質問 2.戦後問題)
 
2.戦後問題
 
(安倍)総理と私が衆議院議員に初当選をしました平成五年のその選挙のちょうど九月、十二人の中国残留婦人の方が強行帰国されまして、成田の飛行場で一夜を明かされるということがございました。私はそれ以来、微力ですけれども、日本の敗戦によって中国に置き去りにされた、あるいは中国にとどまらざるを得なかった人々への支援の充実を訴えてまいりました。
(参 - 決算委員会 - 平成18年12月04日)
 
 
委員会名 日付
内容
答弁者
衆 - 本会議 - 平成06年11月25日 (被爆者支援)被爆者援護法 社会党の従来の主張である国家補償の精神からはほど遠い 村山富市内閣総理大臣
衆 - 予算委員会 - 平成12年02月22日 (被爆者支援)日本の外に出ると被爆者手帳が無効になるのはおかしい 丹羽雄哉厚生大臣
参 - 厚生労働委員会 - 平成14年12月12日 (被爆者支援)国は上告すべきでない 被爆者の皆さんと向き合ってください 坂口力厚生労働大臣
参 - 厚生労働委員会 - 平成15年03月27日 (被爆者支援)被爆者はどこにいても被爆者 法律改正の検討を 坂口力厚生労働大臣
衆 - 厚生委員会 平成07年03月10日 (被爆者支援)被爆60年、裁判で敗訴続きの国 被爆者援護法の改正を 尾辻秀久厚生労働大臣
参 - 予算委員会 -平成17年03月17日 (中国残留孤児・邦人支援)日本国籍を返してほしい 法務省は温かみのある対応を 原優法務省民事局第五課長
参 - 予算委員会 -平成17年03月17日 (中国残留孤児・邦人支援)中国残留邦人の帰国促進自立支援法 事務方の答弁はいらない、政治判断だから 尾辻秀久厚生労働大臣
参 - 厚生労働委員会 -平成17年03月22日 (中国残留孤児・邦人支援)中国残留孤児に生活保障給付金を 国民年金の追納、何のための追納か 尾辻秀久厚生労働大臣
参 - 決算委員会 - 平成18年12月04日 (中国残留孤児・邦人支援)中国残留孤児問題 未帰還者問題と岸信介元首相 安倍晋三総理大臣
衆 - 内閣委員会 - 平成12年05月17日 (シベリア抑留者支援)シベリアに抑留された父の存在を認めて! 小林泰恵さんの手紙 青木幹雄内閣官房長官に出席を求めたが実現せず